f0371475_07553671.jpg


こちら、映画にもなりましたね、Advanced Styleの二冊目です。

もう、圧倒的なパワーです。
最初に登場している97歳の美しい女性の写真にまず目が釘付けになります。
さらにその方のコラムを読むと、もはや感嘆の溜息しか出ません。


「私は毎日、自分のスタイルで生きています」
「カラフルな色を身に着け、いつもハイヒールを履きます」
「朝起きると私は自分に、今日が人生で最高の日になるわよ、とい聞かせますが、
本当にそうなるのです」



そして、この美しい方は、このように断言します。

「自分の心に従って新しいことをするのに遅すぎるということはありません」



何と力強いメッセージでしょうか!!!!!




何か、社会的に目立つような、あるいは、賞賛されるような
特別な仕事や活動をしていなくても、
その人のあり方自体が周りの人を元気づけ、
希望や夢を与える存在であり得るということ、
これこそが、
「女は花である」という真の意味ではないでしょうか。



私もこんな風になりたい、という強烈な憧れが自然に湧き上がってきます。
私のチャレンジ課題「伝説のマダムになる」に、はっきりと輪郭ができました。


f0371475_07555211.jpg



第二回読書会を行います。
詳しくはこちらご覧下さいね。皆様のご参加、お待ちしています♪
http://gratia2015.exblog.jp/



カラフルなローブをまとったこちらのマダムも美しいです。
f0371475_07554517.jpg

[PR]
# by gratia-lily2 | 2017-03-23 09:43 | ペチコート流派として生きる | Comments(0)

再びゲラン


f0371475_09262023.jpg

またまたゲランのメイクアップサービスを受けてきました。

今回のオーダーは、
①生肉っぽい感じ
②顔立ちにあった、ピンクベージュのリップに合うメイク
③カラフルな色の服を着たときに合う、目立ちすぎないメイク
この中からチョイスしてください、とお願いしました。

①と③は逆の要素があるらしく、
②はまぁ、いつでもできるので①をメインにいきましょう、ということでスタート。


肌は完全に薄付きで。でもファンデーションの色はワントーン暗めに。
下地にゴールドの輝きが出るゲンラの名品を使用。
コンシーラーやら、パウダーも少し使うけれども、
いつもの自分のメイクとはそれほど違いがないようにしてくださる。

ほぅ、確かに~~、生っぽい感じに。


とはいえやはり違うのはアイメイク。


f0371475_09104495.jpg

パープルのアイラインとシャドウにゴールドのシャドウを重ね、濃紺のマスカラ。
これが、自分で言うのも何だけど、とても艶っぽい。

黒は使っていないのに、はっきりした目元、でも色が濃いというわけではない。

いやーー、メイクは面白いです。


そしてリップはこれ。


f0371475_09103621.jpg

下はルビーが入っているとかで、自然な艶と輝きをプラスするための物らしい。

リップはとても立派な作りで、ミラーがついているので
お化粧直しの仕草も完璧!!じゃない???

なんと、金塊をモチーフにしているとか。確かに、ちよっと重いです。


f0371475_09102194.jpg

ということで、これが購入した物です。
今回はメイクアップ用品だけにする。


とても微妙な差が分かれば、そしてそれを表現できる技があれば、
メイクはとても楽しいのだということがよく分かりました。


服、メイク、髪型、立ち居振る舞い、言葉遣い、
どれも大切なのでしょうけれど、すべて完璧にするのは大変!!


女はやっぱり大変です。楽しいけれどね♪

f0371475_09095022.jpg

ところで、カリタのオイル、すごくいいです。
たった二日で、肌のいがいが感が解消されました。お勧めです!



第二回読書会を行います。
詳しくはこちらご覧下さいね。皆様のご参加、お待ちしています♪
http://gratia2015.exblog.jp/



[PR]
# by gratia-lily2 | 2017-03-22 17:08 | ペチコートのとも | Comments(0)

kate spade new york

f0371475_09502224.jpg

ずっと愛用していたブルーガールの白のカーディガンがくたびれてきたので、
それに変わるものを探していました。
(二年ぐらい探していた)


Sサイズショップも何度も覗いていたのですが、なんとなく心が惹かれなくて
買わずにいたのですが、
今年はいろいろ合わせたいワンピースもたくさんあるので
もう、絶対に買う!!と意気込んで阪急の中を真剣に物色。


f0371475_09503404.jpg

合わせたいと思っているのはこんな子たちです。

ね、これ全部、白いカーディガンでいいよね、
で、先日買った、ベージュのパンプスで普通に着たいのよね。



そしたらですね、ケイト・スペードにありました!!



普通の白いカーディガンが欲しいけれど、「本当に普通」だとなんかいまいち、
という私の心にピン!ときたのがこちらでした。

ポタンがキラキラしというところがポイント、でもあとは普通。



実は、ケイト・スペードは前々から気になっているブランドだったのですが、
店内ボディに着せられている服はサイズが大きそうな感じがして、
「どうせ大きいしなぁ」と見ていなかったのでした。

ところが!!XSもあるとか。
えっ、それはやく言って欲しかったわ、
今まで相当好みの服があったけど!!

と、まずは初めてだったので心の中で、一人で興奮して、
時間がなかったので取り急ぎカーディガンだけ購入しました。

でもでも、今季のテーマは「モロッコ」らしく、
ラクダ柄のワンピースとか、薔薇柄のスカート、
カラフルなストライプのスカート、フリンジたっぷりのアクセサリーなど、
私の好みにドンピシャの物がいろいろ並んでいて、
「これは、はまるな」という予感。

バック、靴もトータルで表現されている世界観が
まさに私の好きな感じ。

色が明るくて、エスニックテイストも入っていて、遊び心がある、
でも基本はクラシックで王道の女性らしいラインの服。
ふんわりスカートに柔らかいブラウス、カラフルなニットで。
もちろんタイトスカートに合わせても。
そこに色を効かせたバックを合わせる。いやーーーん、好み♪
f0371475_09404483.jpg


こんなちょっとへんてこなカゴバック、誰が持つの?と思うかもしれませんが、
私は大好き、欲しいなぁ。

さらにさらに、靴売り場も先日からいろいろ見ていたのですが、
そこでもケイト・スペードのサンダルがいいなぁ、思っていたところ。


これは何か呼ばれている???
ショッパーの色からしてピンク×オレンジという、この配色、好きすぎる!


f0371475_09500883.jpg

はいはい、まぁ、落ち着いて(笑)。


ところで、写真左のグリーンの本はケイト・スペードの本で、
2005年に出版されたもの。
発売当初、書店で見かけて買っていました。

中は、色が綺麗なイラストが沢山!

f0371475_09504970.jpg

10年越しで、ようやく服にたどり着いたというわけです。




第二回読書会を行います。
詳しくはこちらご覧下さいね。皆様のご参加、お待ちしています♪
http://gratia2015.exblog.jp/


[PR]
# by gratia-lily2 | 2017-03-21 17:39 | Comments(0)

オイルを探して

f0371475_13285703.jpg

花粉症がひどくなってきました。
私はくしゃみや鼻水よりも、皮膚、特に顔によりはっきりと症状がでます。

乾燥して、かゆみやひりひりした感じがしてきて、
いつもより肌が皺っぽくなります。
化粧のノリもすこぶる悪くなる、残念な季節がちょうど今から五月ごろまで続きます。

長年、SHIGETAのプリンセスローズというオイルを愛用していたのですが、
それがモデルチェンジになってなくなってから、
肌につけるいいオイルを探しています。


ロイヤルアストリアもよかったのですが、ここはひとつ、
また別のものにチャレンジしてみようと思い、
カリタのオイルを買ってみました。


カリタは確か30代の頃使っていた記憶があるのですが、
今はどうなっているのかな、と思ってカウンターに行くと、
定番のこのオイルが懐かしく鎮座していました。

なくならないのっていいよね、と思って久し振りに購入。

このオイルはテクスチャーもいいのですが、香りがとにかくいい!
バーベナの香りが爽やかに効いてくれそうな気がする。

ボトルもシンプルでいいですよね。綺麗だな、と思う。
眉目麗しい、そういうところも大事。


肌が改善されることを願って。




[PR]
# by gratia-lily2 | 2017-03-20 13:28 | ペチコートのとも | Comments(0)

これならつけてみたい

f0371475_10454089.jpg


一瞬、ラ・ペルラかと思ったこちらのセット、
一枚レースはとても美しくてデザイン的には好きなのですが、
微乳の私としてはブラをつけるならば
普通にカップがあってアンダーもしっかりしている物をつけます。

でもこれならばつけてみたい。素敵!いいなぁ、と思って
知らないブランドだから検索してみると・・・・・。


こちらのサイトに行き着きました。


きゃーーー、他にも好きな物がたくさんあるじゃない。
シンプルな、普段遣いにできそうなスリップもたくさんある!

そうか、今はこんな感じなのね・・・・・。

いつも百貨店で買っているけれど、
こういうサイトを利用するのもいいな、と思いました。

欲しいわ。物欲は続く。



[PR]
# by gratia-lily2 | 2017-03-19 10:45 | ペチコートレッスン | Comments(0)

ちょっと旅行に

f0371475_07471018.jpg

結婚記念七周年ということで久し振りに旅行に行きました。
今回は「星野リゾート 界 熱海」の別館、ヴィラ・デル・ソルに二泊しました。

(写真は全てお借りしています。)


徳川家の私設図書館だった南葵文庫を移築した
クラシックな建物がこのヴィラ・デル・ソルです。

f0371475_08002539.jpg

お屋敷に入っていく感満載!
この時点で、気分が高まります。

中にはいると、こちらのサロンでウエルカムドリンクをいただきます。
この先にはサンルームもあって、ドアをあけると芝生のお庭が広がっていました。


f0371475_07453189.jpg

こちらのダイニングでは、海の物と地元の新鮮な野菜を使った本格的な
フレンチのコースをいただきます。

朝食もコース仕立てになっていて、朝からバンも卵もスープも
本当に美味しくいただきました。幸せ♪

f0371475_08292782.jpg


f0371475_07451566.jpg

客室は全室オーシャンビューで、
こちらにも小さなサンルームがついていましたが、
白を基調としたシンプルな現代的な内装で、
南葵文庫の建物との対比がなかなか面白い。


f0371475_07460740.jpg

そして温泉!

実は、界熱海に宿泊すると決めたときに、最後まで迷ったのが、
この別館ヴィラ・デル・ソルにするか、本館にするかということ。


本館はもともと、かの有名なあの「蓬莱」だったそうで、
それもとても魅力的だったのですが、
私たちは外食してもほとんど洋食は食べないので、
「一期一会のフレンチ」を売りにしたヴィラ・デル・ソルで
たまにはフレンチもいいじゃない?ということで別館に泊まったのです。


f0371475_07455069.jpg

こちらが本館の玄関。


まさに「界」、結界という感じですよね。
吸い込まれていきます。



どちらに宿泊するか迷いましたが、中で二つがつながっているので、
どちらにも行けます。
だからこの玄関からも入りました!



f0371475_07444203.jpg

これが渡り廊下。

この長い階段の廊下を上り下りして二つの温泉と本館、別館を行き来します。
海が見える露天風呂はこちら。

この大きさから分かりますが、本館別館あわせても部屋数が多くないので、
人もあまりいない。
ほぼ貸し切り状態の時間帯も。とても贅沢でした。


f0371475_07480501.jpg

そしてとても気に入ったのがこちらの湯上がりどころ、「テラス青海」です。

二つのお風呂の中間地点にあって、
お風呂上がりの休憩所となっているのですが、
浴衣に袢纏を着て、寒い時期はこたつに入りながら
夕方4時から5時半の時間帯はスタッフの方のサービスで
ビール、スパークリングワイン、梅酒が飲み放題!!!甘い物もいただけます。

何杯飲んだか・・・・・・。

f0371475_07473157.jpg

また、熱海の街の観光もしっかりしてきました。

樹齢2000年の楠がある来宮神社、頼朝と政子がデートした伊豆山神社、
美術館等々、街中も予想以上に楽しめました。


でも私たちはなんか強化合宿みたいに、ほぼ歩いてまわったので、
足はかなり筋肉痛です(笑)。


帰りの新幹線では、薩摩揚げとビールで一杯やりながら
こだまでのんびりと帰ってきました。
こだまは乗ったことがなかったのですが、各駅停車もたまにはいいですね。

大阪に帰ってくると、まずは空気の違いに愕然とします。


ま、大阪も好きですけどね。


というわけで、服ネタが本日は出てこないのですが、最後に、
何を着ていたかですよね。


Dolce&Gabbanaの薔薇柄のワンピースと、マリハのマキシワンピースでした。




[PR]
# by gratia-lily2 | 2017-03-18 08:42 | ペチコートのとも | Comments(0)

f0371475_07262093.jpg

Fogalの新作カタログが届きました。

かなりクリアな発色の大きめのネットストッキング、
少しレトロな感じもして、なんだか新鮮です。

春はどうしてもパステルが着たくなるのですが、
こんな色のストッキングも面白いかなぁ、と思う。


グラティアの課題、「美味しそうな女になる」の遂行にはぴったりじゃない?
と思ったり・・・・・。

それから

f0371475_07264021.jpg
左端のソックスみたいなのが気になる。
多分、たるませるんだろうけれど、レースが綺麗だなぁ。


こういうのは、何に合わせる、ということは考えずに買ってしまうアイテム。
買ってから考える。
長年寝かすこともある。


先日見ていたテレビ番組で、古物商の方が話していたこと。

駆け出しの頃、古物商専門のセリにとにかく参加して
失敗も繰り返しながら訳も分からずセリ落とし続けていたときに、
その会を取り仕切っている重鎮にこういわれたそう。


「お前は本物の古物商になる。なぜなら考えずに買っているから。
たいていの人は買う前に考えるが、お前は買ってから考えるからだ。」


いやーーー、古物商ではないけれども私もそういわれたいです(笑)。

神様に、
「お前は本物のペチコート流派になる。なぜなら買う前に考えずに、
買ってから考えるからだ」と。


とはいえ私は小心者のところもありますので、
考えるときも、もちろんたくさんある。

はい、これなんか、考えている。


f0371475_07265319.jpg

新作カタログの中で、これ、欲しいなと思った物。
昨日アップしたギンガムワンピースにぴったり!
黒のバレエシューズでかごバッグ持って、足取り軽くお散歩する!

こう書いていると、どんどんそうしたくなってくる(笑)。



でもね、別キャラが言う。
(別キャラの話はこちらの方のレポートに。この話、よーーーくわかります)

「あなた、ガーターベルトとストッキングって言ってたんじゃないの?」


以前ならばここで
「そうでした、はい、また有言不実行ですね、改めます」となるのですが、
今はお陰様で今回の一連の修業により、心がかなり自由になったので、


「これはお散歩コーディネイなのよ。こういう日があってもいいの。
これも好きなの。
ガーターベルトとストッキングの出番もあるから待っててね♪」
と軽く答えられる。


だからテイストがばらばらでも、
「全部好き!これが全部私なの!!」と言える。


あーーー、なんか、すごく楽。

「おしゃれでいたい」「特別でありたい」という気持ち、
手放して本当によかった。


もう、なんでも来い!!!です、ほんとに。



「でもそれ、買い物しすぎてかえって危険かもよ。
要するにあなた、買い物したいから、
それを正当化するための方便なんじゃないの」
と真面目な私がまたまた批判してくるのですが、
この批判もある程度はかわせる。


「そうかもね、真面目なあなたの世界ではそうかもしれないけれど、
今の私の世界はそうじゃないの。楽しいからしているの。
でもあなたがいるから、お買い物のあとの罪悪感が完全には消えないわ。」


「そうでしょう、私がいないとあなたは際限なく買い続けるからね」


「そうかもね。だけど、
節約・節制が美徳という価値観は私にはないの、ごめんなさいねぇ♪
でも、あなたがいるから、まぁ、時々は節制もするわね。
ところで逆にお聞きしますけど、
私がいるから真面目なあなたも毎日楽しく過ごしていられるんじゃないの?
私がいないとあなた、眉間に皺がよったままよ、
そしてきっと今頃どこか病気になってたんじゃないの?
ね、私のお陰かもよ♪」


「・・・・・・・・(確かにそうかも。批判してばかりではダメだな)」


というわけで、めでたく二つのキャラは和解するのでした。
めでたし、めでたし。


f0371475_08033559.jpg

[PR]
# by gratia-lily2 | 2017-03-13 17:05 | ペチコートレッスン | Comments(0)

赤い靴に合わせたい♪

f0371475_16353902.jpg

グラティアの読書会に参加してくださった方のレポートに、
子どもの頃のお出かけに赤いエナメルの靴、というお話しがありました。


赤は、ピンク以上に「女の色」だと思うのですが、
赤い服は男性でも着るけれど、さすがに赤い靴は女性だけですよね。


先日からのお買い物フィーバーの流れで、こちらも買いました。
伊勢丹に入っているFarfalleです。
ここの靴はとても履きやすく値段もかなり手頃で本当にお勧めです。


さて、合わせたい服はいろいろあるのですが、
最近買った服としてはこれ。


f0371475_16414562.jpg

ただいま開催中の阪急「フランスフェア」、
いつもの中崎町リイラ(リラセイズ改め)さんで。

右はNINON RETROというフランスの現代物ですが、
見た感じ、子ども服?ロリータ?っていう感じでしょう、
でもでも、着てみると、これがちがうんだな。


全体のラインが違う。
まずウエスト位置、低めにつくってあります。
ポケットの位置も憎い。
それから、第二ポタンまで開けたときの見え具合とか、
いちいち計算されている。
もちろん、リボンはウエストで結んでも。

同型が柄違い、サイズ違いがありました。

カゴバッグ持ちたいな。



それからこちら。


f0371475_16475576.jpg

もう、これは見た瞬間、「私の服やん♪」でした。
買うしかないでしょう。
こちらはVintageですが、とてもコンディションがいい。

最近、Vintageのコンディションの悪さに辟易していたのですが、
これなら合格。


f0371475_16493196.jpg
中に何を着るかで印象が変わりますね。



最後に。

昨日は夕焼けがとても綺麗でした。
ベランダからとった夕焼けです。


f0371475_16355033.jpg




[PR]
# by gratia-lily2 | 2017-03-12 16:51 | ペチコートレッスン | Comments(2)

祈望

f0371475_08465275.jpg

平和がおとずれますように。


人々が内面の平和を感じ、
お互いに調和した社会を構築していくことが出来ますように。

どうぞ人間がもっともっと賢くなりますように。


祈望をもって。




f0371475_08471020.jpg



[PR]
# by gratia-lily2 | 2017-03-11 10:44 | ペチコートのとも | Comments(0)



f0371475_09123072.jpg
ややこしい服はやめて・・・・・、と書いたものの、
やはり三つ子の魂百までで、そうそう急にすっきりと装うことにもならず、
まずはこんな感じで・・・・と
手持ちの服で春のコーディネイトをいくつか考えてみました。


f0371475_09134790.jpg
アルマーニの黒のロングワンピースにレースキャミと
ダンガリーシャツを重ねてみる。

レオパード柄のコートが既に「濃い人感」を醸し出していますねぇ。

靴とバッグは写っていませんが、
この場合は黒のエナメルバレエシューズに黒のバッグ。


次。


f0371475_09154293.jpg

f0371475_09210720.jpg

こちらはスリップをアウターにする着方。
コートを脱ぐとこんな感じで。淡く優しいイメージに。


f0371475_09164208.jpg

これも、ピンクのエナメルバレエシューズにする。

次。

f0371475_09180489.jpg

ロシャスの黒レースワンピースにレースガウンとカーディガンを重ねてみる。
これだとアクセサリーをつけたくなる。


f0371475_09192761.jpg
ガラスでできたヴィンテージの鳥のネックレス、とても気に入っています。
重いけれど、つけるときは気合い入れて頑張る。

この場合だと足元は黒のストッキングだな。


次。


f0371475_09222534.jpg

先日買ったメロンクリーム色のコート。
意外と何にでも合いそうなのですが、まずはこれ。
ブルーとメロン色とで、バステルのコーディネイト。
ちらっと見えるレースのキャミソールがポイントになっている。

ページユのパンプスを合わせたいな。

春の気分が高まります。







[PR]
# by gratia-lily2 | 2017-03-10 09:29 | ペチコートレッスン | Comments(0)