特別な場所・特別な人

f0371475_08083556.jpg

昨日は、私の大好きな高松のショップ、N's Collectionオーナーのnaomiさんと
急遽デートすることに!!


うめだ阪急10階に今出店されている民族のいろいろを集めたショップ
(すいません、ちゃんとタイトルありますけど適当に言ってます)
を一緒に拝見し、その後お茶。


久し振りにお会いしたのですが、一瞬で人を魅了してしまうその立ち姿、
改めてnaomiさんに惚れる私・・・・・。

naomiさんはいつものように民族の衣装をアンティークレースとあわせて
独自の世界観で完璧に着こなしておられる。その美しいこと。
私はnaomiさんデザインの、愛用のプレザンかごバッグを持って、
イギリスヴィンテージのシノワズリーワンピースにチャイナ刺繍のカーディガン。

アジアの古いテキスタイルや繊細で美しいアクセサリー、
北欧の刺繍ものもたくさんあった10階のほんの一角で二人で三時間はたっぷり遊ぶ。


f0371475_08084360.jpg

なぜこんなにも「装う」ことが好きなのか、二人でたっぷり語って、
naomiさんの次なるステージの話も聞いて、
私もなんだか一緒にわくわくして、本当に楽しいひとときでした。


美しい人と、美しいものをみて、美しいものについてお話しするのはこんなにも楽しいのね。


少し遊び足りない私たち。
また近いうちに一緒に遊びましょうねと約束して、
naomiさんは風のように去って行かれました。


写真は、先日までN's Collectionで開催されていた展示のDM。
この美しいDMで、いかにN's Collectionが特別な場所か伝わってきます。



f0371475_08273372.jpg




[PR]
# by gratia-lily2 | 2017-10-21 09:28 | ペチコートのとも | Comments(0)

f0371475_07450521.jpg

ある人は、「人はそれぞれ違うよ」といいつつも、自分の考えを披瀝して、
私に自分の考えを語らせようとはしない。対話にならない。
おそらく他人に興味がないのでしょう。


ある人は、「違う考え方をしているからこそ、友達よ」
「自分とは違う考え方をアドバイスしてもらったり聞いたりしたいもの」と言う。
けれども私に自分の考えを語らせようとはしない。聞きたくないのかしら。
おそらく他人に興味がないのでしょう。


ある人は、「もちろん私はあなたの考えていることに興味があります」と言う。
けれども私に自分の考えを語らせようとはしない。
語るのは自分が経験したことばかり。
おそらく他人に興味がないのでしょう。

自分であること。違いを認め合うこと。
やはり難しいと思ってしまう。

そして私が「友達が本当に少ないのです」と言うと、
「やっぱり友達は大切よ~」と口を揃えて言う。



こうなると、「友達ってなに????」と小学生みたいな問いを抱いてしまう。

それとも、私の方が歪んでいるのかしら???






[PR]
# by gratia-lily2 | 2017-10-20 09:44 | ペチコート流派として生きる | Comments(0)

f0371475_08360398.jpg

少し前に思い切ってオーガニックコットンでできたランジェリーを試そうと思って買いに行き、
デザインが気に入らないものの妥協して二枚のショーツを買ったのですが、
もう、これがどうしても好きになれない。

身につけるたびに自分で自分が残念でならなくて、
「なんでこんな気に入らないデザインのものをわざわざ私は身につけるんやろ?」と
疑問しか出てこないにもかかわらず、それでもなんとか好きになろうと思って
努力し続けましたが、もうだめ。

嫌なものは嫌。結論を出しました。

まだまだ十分に使えるので廃棄するには忍びないのですが、
どうしようかなぁ、廃棄かなぁ。ごめんなさい。



やっぱり私は、
化繊でもいいから上質で柔らかく美しいと自分が感じられるレースのランジェリーが欲しいの!!
と再確認して、これはLa Perlaでしょ、と意気込んで売り場に向かいました。

まずは、やさしいレースのタンガを一枚買おうと決めて。


そしたらこうなりますね、やっぱり。


f0371475_08361279.jpg

いやーーー、もう最近の私の中で
足りていなかったのはこれ、La Perlaエキスでしたよ~~。

やはりこういうものは定期的に注入しなければなりません、女として。断言する。


これは新定番らしく、実はLa Perlaの中でもかなり手ごろな価格。
タンガは全部で9色あって、全部買うと専用のボックスがついてくるとか。
さすがに9枚も不要なのでそれはパスして、
おそろいのプラもすすめられるまま素直に付けてみる。


だめ・・・・・・落ちました・・・・・・。


ブラは最近付けないので不要だわ、と内心思いながら試着したものの、
美しさにやられる。いかんわ、La Perla。これなら付けてもいいかな、と思わせる。


f0371475_08361974.jpg

パットもワイヤーもないリラックス系のブラですが、
さすがLa Perla、完璧な美しさです。


なんだろう・・・・・・、類似品はたくさんありますけれども、
バランスでしようか、とにかく、他とは違うのです。

やはりLa Perlaは別格でした。

室内着として作られていた半袖のシルクのロングシャツの美しいこと。
それから、レースのスリップにシルクのブラ、シックな色のベビードール等々、
見るだけでもエネルギーが沸いてくる「美」を体現した商品の数々。


試着しながら、
「やっばり私はランジェリーが好き。そして似合ってる。」と思うその瞬間。


ひとりよがりでも自意識過剰でも、なんでもいいの、
と・に・か・く、好きなの!


最近足りていなかったのはLa Perlaエキスでした。





[PR]
# by gratia-lily2 | 2017-10-19 09:34 | ペチコートレッスン | Comments(0)

f0371475_08055005.jpg

昨日まで開催されていた阪急うめだ本店の英国フェア、
今回は一階に出店されているリィラさんのブースに最終日駆け込みました。


ちらっとだけ見るつもりが、気がついたらいつものように、小一時間、
阪急の一階、入り口すぐだというのに、夢中で遊んでしまいました。


というのも、うっとりするようなスカーフと圧巻のアクセサリーの数々。
もうね、いちいち素敵なんですよ!!!


f0371475_08095631.jpg

蝶々というより夜の蛾という方が相応しいような、こんな少しえぐみのある柄のスカーフ、
私の大好物で、しかも極上のシルクシフォン、
さらに未使用品!!でコンディション申し分なし!!


あわせて購入したアクセサリーはこちら。


f0371475_08055952.jpg

本当に素敵なものが一杯で、しかもかなりお値段良心的。
こちらはRun Rabbit Run Vintage さんで。

迷いに迷ってこの二つを選びましたが、今から思えばもっと買っておけはよかった。
次、いつ来られるんだろうか・・・・・。


とくに左のアイルランドのケルトモチーフのペンダント、
これはイギリス本国でも今はもうあまり見かけることのできない珍しいものだそうで、
Alexander MQueenのスカーフと合わせると最高の美しさ。


この日は花粉症が発症してかなりぼーーーっとしていたのですが、一気に目が覚めましたわ。

今回もいいお買い物をしました、楽しかった♪

スタッフの方々、ありがとうございました。



[PR]
# by gratia-lily2 | 2017-10-18 09:30 | ペチコートレッスン | Comments(0)

f0371475_14522911.jpg

2016年日本公開の「シーモアさんと、大人のための人生入門」は、
マダム・ペチコートに教えてもらって珍しく劇場まで観に行った映画ですが、
とても素晴らしかったのでいつでも観られるようにDVDを取り寄せました。


音楽、特に、クラシック音楽を愛する人にはぜひ観ていただきたい映画です。


随所に宝石のような言葉がちりばめられています。


「音楽は神が直接人間に与える美の極致」
「音楽によって普遍的秩序を耳で確認できる」
「真理に気づかせてくれるもの」


孤独を愛する老ピアノ教師シーモアさんの言葉の数々。




私も、下手の横好き、という言葉がぴったりくるような輩ですけれども、
ピアノは本当に好きで、今でもできれば毎日弾いていたい。

なぜこんなにも好きなのか。

この世の中は何もかもが相対的で、
「変わらない愛」「永遠」「究極の真実」「絶対的な善」といったものは
存在しないかのように見える。

けれども、私は心の中で常に「絶対」「普遍」「永遠」という「究極」のものの存在が
あるはず、あって欲しい、と思っています。

真・善・美のイデアは存在(実在)すると考えたい。


私にとって音楽、特に、クラシック音楽は、イデアが存在する世界を見せてくれるものです。
信じられないぐらい美しいメロディ、
それに触れると「確実に」美のイデアは存在すると思わざるを得ない。


ピアノを弾くシーモアさんの恍惚とした表情が、あるいは、
ピアノを弾く弟子をみるシーモアさんの愛のこもった優しい眼差しが、
「確実に」美のイデアは存在すると思わせてくれる。


そしてシーモアさんはそのことを確信しているはず。


「私は夢にも思わなかった。この両の手で空に触れることができようとは・・・・・・」



そう。

人間は、音楽を優しく・美しく奏でるその手で、空に触れることができるのです。


f0371475_14532075.jpg

他に、映画の中のシーモアさんの言葉で印象に残ったのは、

「人格を作るもとはその人の才能の中にある」という言葉です。


シーモアさんによれば、
人は、自分の才能に気づいて、その才能をうまく生かすことで人生が全て
統合された状態になる、というのです。




DVDと一緒に、シーモアさんの本『心で弾くピアノ』も取り寄せて今読んでいるのですが、
この中にも「人格の統合」ということが書かれていました。


f0371475_14530622.jpg

こちらの本はかなり専門的な本なので、
実際にピアノを弾いている人でなければ理解できないことが多いので
一般にはお勧めできる本ではないのですが、それでも

「音楽を中心にすると、人生の何が本当かが分かる」

と明言するシーモアさん(この本はセイモアと表記されています)が解説する
ピアノのテクニックの数々とアドバイスの中には、
「はっ」とする表現がいつくもあって、とても楽しんで読めます。




「音楽を中心にすると、人生の何が本当かが分かる」
ピアノ教師のシーモアさんはこう語りますが、
この言葉の意味の本質上では、「音楽」を「美」に入れ替えてみることは可能です。


「美を中心にすると、人生の何が本当かが分かる」



俗世間の人間関係的な意味では「孤独」と言われるシーモアさんですが、
真に「美のイデア界」に生きておられるので、「孤独」ではありません。
全てが統合され調和的な、美しい世界の中で「本当」のこととともに生きているのです。
それが理解できない俗世間の人間の目には「孤独」に見えるのでしょう。



私も、人生の何が本当か知ってみたいのです。






[PR]
# by gratia-lily2 | 2017-10-16 09:30 | ペチコート流派として生きる | Comments(0)

アフリカンプリント!

f0371475_08042519.jpg


私はテキスタイルは無地よりもプリントものが好きです。

海外のストリートスナップをみていると、着ている服はほとんどが無地か、
柄であったとしても小紋のような細かいものばかりで、
ぱっと目につくプリントを着てスナップに納まっているマダムやセレブ?の方は
ほほいないということに気づきます。
日本だともう少しプリントは多いのですけれど、
でも、「おしゃれは無地で」というセオリーでもあるかのように無地が多い。
しかも色も地味、というか、シック。


うーーーん、プリントものはおしゃれじゃないの????
やっぱり、みんなシック、シンプルがいいのかな????と疑問に思うのですけれども、
そんな中で最近ちらほらみかけるアフリカンプリント。



f0371475_08024947.jpg

エスニック好きの人には抵抗がないでしょうか、
こんなはっきりした柄、私も大好きですけれども、
たまに催事でみかけるアフリカンプリント、
生地の状態でみても、そして催事でその横に置いてあるどうでもいいような服(失礼!)には
惹かれなかったのですけれども、
こうやってきちんと服に仕立ててあるものを見ると、いいな、と思います。


f0371475_08034309.jpg

すごくパワーがないと着こなせないのかもしれませんね。
身体と精神、両方に。

でもどこかで素敵なアフリカンプリントの服を見かけたらトライしてみたいです。


f0371475_14495051.jpg


[PR]
# by gratia-lily2 | 2017-10-14 09:36 | ペチコートレッスン | Comments(0)

秋ですけれどもイチゴで

f0371475_07500621.jpg

10月もそろそろ半ばだというのに気温が高い日が続きました。
こんな時は何を着るか、ちょっと迷いますね。

秋ですけれども、夏にはあまり出番がなかった綿の半袖ニットを着てみます。


イチゴ柄の刺繍に惚れて春に購入したジェーンマープルのニットです。


f0371475_07424414.jpg

タイトスカートはツイードで、ここに秋を入れる。

最近、整体に通い出してからますますヒールをはかなくなって、
今では週に一日、ハイヒールを履けばいいかな、という程度になってしまいました。

もう、自分で自分が残念でならないけれども、
身体を整えたらまたもう一度好きなハイヒールを履くのだ、と希望を持って。


だから必然的にソックスがいろいろ集まってくるのですけれども、
今はボンボンがついたものがお気に入り。




f0371475_07501424.jpg

この二つが特に出番が多いです。
大きなボンボンも実はさほど邪魔にならず、履いていて気分があがります。






[PR]
# by gratia-lily2 | 2017-10-13 09:40 | ペチコートレッスン | Comments(0)

f0371475_08350085.jpg

先日、仲良くなったtouvenir-upcycleのデザイナーの方とランチデートした際に、
なんと、一周年記念のノベルティとして、新聞紙で作ったポーチをいただきました。


私の好きそうな色、ということでお手持ちの中からいくつか選んで持ってきて下さったのですが、それがまた好みにばっちり♪


ネットで購入されたお客さんにもわざわざ連絡してお渡ししているとか。
そういう話を伺うと、
デザイナーの西村さんのお人柄がますます好きになる。



もうね、これが可愛いの~~♪

ノベルティというと、どうしても使えそうで使えないものが多かったりするのですけれども、
touvenir-upcycleは全く違います!!!!!!!



f0371475_08351333.jpg


中まで完璧!!!!!!!


こういうこと、なかなかできるものではないと思います。


早速お洋服と合わせてみます。


f0371475_08352303.jpg

これなんか、同じ柄でしょ?っとなるぐらいのお揃い感。





f0371475_08353142.jpg

ピンクのスカートにも雰囲気がぴったり合いますね。



これからの新作にも期待が膨らみます。楽しみ♪




f0371475_08442628.jpg


[PR]
# by gratia-lily2 | 2017-10-11 09:34 | ペチコートのとも | Comments(0)

f0371475_08514205.jpg

先日、77才のボディビルダー(男性)の方がテレビに出ておられて、
その見事な均整のとれた身体に惚れ惚れしました。

その方は今でも現役のトレーナーだそうで、
その男性にトレーニングをお願いしているという、
これまた69才の女性の方も画面に出てこられたのですが、その女性がなんと美しいことか!


「身体は何才からでも変えられます」と断言しておられたのですが、
納得せざるを得ないお二人の美しさ。


とくに女性の方は、ボディビルダーではなかったと思うのですけれども、
お顔も肌もとても若々しくて神々しく輝いておられました。


なんかねぇ、ファッションがどうのとか、そういう次元を超えていました。


ともあれ、身体が美しくあれば着こなせる、といういい事例がこの方、daphne selfeさん。




f0371475_08591769.jpg


この方、「着ること」「ファッション」がお好きなんだな、というのが伝わってくる。

わりと色々な雰囲気のものを着こなしておられますよね。
シンプルなものから、少しデコラなものまで。どれも素敵。



f0371475_09032356.jpg

f0371475_09035913.jpg


グッチだって着ますよ!

f0371475_09025962.jpg

f0371475_09024612.jpg

楽しそう!!

こんなマダムが街にいたら、みんな振り返って喝采を送るんじゃないかな。


f0371475_09023562.jpg

日焼けした肌もみせて、モデルとして堂々とカメラに納まる。







やっぱり身体かなぁ・・・・・・、と最近体調が悪し私はここでもまたダメ押しのように
うなだれる。

「いつまでも好きな服を着る」、そのためには
運動しないといけないかな、という気持ちになってきました。



でも私は基本運動が嫌いなのでここで書いても始めるまでに絶対に時間かかるな。


というわけで、では整体にいってきます~~♪
(他人任せやな、でも行くのは自分、ということで)




f0371475_08512264.jpg


[PR]
# by gratia-lily2 | 2017-10-10 09:31 | ペチコート流派として生きる | Comments(0)

f0371475_19254464.jpg


体調が快復してきたのでついうっかり阪急に行ってしまったら、
見つけてしまいましたよ。

jamin puechです。


とても気になります、欲しいなぁ。

候補はこれ。色違いで。
f0371475_19281227.jpg



f0371475_19275889.jpg



あとね、これもとても美しかった。

f0371475_19253269.jpg

ブーケみたいなの!!


溜息です・・・・・・。
他にも気になるものが一杯!!!

即決できる財力が欲しい。


ジャマンのキャラクターなのかな、毎年というわけではないけれども、
割とよく見かける「フクロウ」シリーズ、今年も出ていました。
もうね、とてもとても愛らしくて、そのまま連れて帰りたくなりました。


この写真の子は数年前のバージョンだと思う。


f0371475_19262395.jpg
月末までトランクショウをやっているとか。

気になる、気になる。




WABARAでクールダウン。

約一週間持ちました。


f0371475_19261037.jpg


f0371475_19260043.jpg

[PR]
# by gratia-lily2 | 2017-10-09 09:30 | ペチコートレッスン | Comments(0)