人気ブログランキング |

タグ:ハンドメイド ( 13 ) タグの人気記事

f0371475_08232646.jpg


オレンジの薔薇と赤に近い濃いピンクの薔薇。
色が合わないかなと思いつつも、何となく店頭で惹かれて買い求める。



リビングの中国アンティークテーブルの上に、シルバーやガラス物と一緒に置いてみる。




f0371475_08264197.jpg
むむ。


これは・・・・。



なぜこの組み合わせに惹かれたのか分かった。
私が好きなアジアの色の組み合わせだったからだ!


f0371475_08283172.jpg

f0371475_08283965.jpg

テーブル横に飾ってある手作りのクッションたちと合わせてみると完璧!!

やっぱりね。
別に計算した訳じゃない。無意識に選んでいる。

でも買うときにちょっと理性が働いて
「赤とオレンジなんて合わないよ、やめときな」と言ったけれども、
「いや、私はこれに惹かれているの、多分大丈夫よ」と感性が言うからそれに従った。


私が好きなのはこれ。





f0371475_08272019.jpg



f0371475_08351041.jpg




by gratia-lily2 | 2018-07-01 09:30 | インテリア
f0371475_08111997.jpg


もう20年以上前に他界した大好きだった祖母。

祖母は大正の始めに産まれて、関東大震災や太平洋戦争を経験した世代。
教員をしたあと結婚して専業主婦でしたが、
なんでも丁寧に家事仕事をしていたことが記憶に残っています。

この世代の女性は着物なども自分で縫えたと思うのですが、
もちろん祖母もその一人。とっても上手でした。


その祖母がやりかけで残していたパッチワークのモチーフが、実家から出てきました。
母曰く、こたつカバーを作ろうとしていたとのことで、
モチーフの裏紙は書き損じの葉書やいただいた年賀状などが使われていて、
そこには懐かしい祖母の字が。

さて、こちらのモチーフ、私が引き取ることにしました。
テーブルクロスに仕立てるつもりです。


ちょっと並べておいてみました。


f0371475_08051946.jpg



我が家のテイストとは違うのですけれども、
祖母が残してくれた物なので大切に使っていきたいと心から思えます。

けれども、
こうして並べておいてみて、「うん、いい感じ、可愛いね♪」と思うものの、
またすぐに畳んで引き出しにしまってしまう私。



やーーーん、だめじゃない、
仕舞い込んでも次に引き継いで仕立ててくれる人、使ってくれる人は私にはいないんだから、
私の代で使わないとね!!!





それから、ライスポット・ミニ、届きました♪
早速今晩炊飯してみます。楽しみ♪
f0371475_08105919.jpg


by gratia-lily2 | 2018-03-20 09:30 | インテリア

再び身につけるために

f0371475_11053008.jpg

この夏は体調がよくなかったこともあって手作りはお休みしていたのですが、
どうにもこうにも何か作りたくなって、いつもの心斎橋ラ・ドログリーへ行く。

作る物は決めていました。


実家に眠っていた、昔々母が若い頃に身につけていたアクセサリー。
バーツが壊れたりとれたりして、そのまま長い間タンスの中で眠っていた物を
譲り受けてきました。


昔々、母が身につけていた記憶が確かにある。


グリーンの石は、孔雀石かインド翡翠だと思う。
ネックレスのパーツをばらして、チェーンとパーツをつけてリングにすることに。


残りはネックレスにするつもり。

f0371475_11170998.jpg

それからこちらは黒のガラス。
母曰く、このガラスはアンティークのものだそう。


f0371475_11054235.jpg

ラ・ドログリーのアンティーク風チェーンでつないで、
ロングネックレスにしました。



f0371475_11122034.jpg

これは二重にしてみた写真。


どちらも40年以上前に、
エスニックのアクセサリーを売っているお店で購入したものだとか。

しかしまぁ、私と母は好みが似ているなぁ。
今見ても、売っていたら欲しな、と思うようなもの。


さてさて、グリーンの石のネックレスはどうしようかな。




追記・リングのボンドが乾きました。早速がつーーーんとつけてみました。


f0371475_10283028.jpg


by gratia-lily2 | 2017-09-10 08:04 | ファッション
f0371475_13492924.jpg

真夏のコーディネイトの続き。


昔々に買ったインポートのTシャッを実家で発掘してきました。
確か、30代の初めごろ買ったと思う。Sony plazaだったと思う。
生地もしっかりしているし、サイズ感もいい、色もいい。
ほとんど着ていなかったのでまるで新品のよう。
というか、もともとがしっかりした作り。


決して高い物ではなかったけれども、
昔はこういうちょっとしたいいものが手ごろな価格で売られていたのに、
どうして今はないんだろう。
ソニプラも、あの頃はインポート雑貨でいいものがたくさん置いてあって、
すてきなショップだったのにな。

四条通りのバス停前にあって、
バスを待つ時間ちょっとだけ・・・・・のつもりが、
何度もバスを乗り過ごしていたなぁ。
大学生の頃のことです。


リィラで買った、ピンクのグラデーションになっている
レオパード柄のヴィンテージスカートと、
先日買ったシャーロットのサンダルを合わせる。

で、なんと、私の手作りのバックも発掘!
このバックとあわせてみる。


f0371475_14022049.jpg



これは確か、友人の結婚式に出席するために作ったもので、
多分、20代の終わりごろ作った物のはず。


我ながらなかなかの出来ですな。

シルクのバックサテンにスパンコール等で刺繍して、
ベルベットの底と持ち手を付けています。
もちろん、裏もびっしり刺してあります。

いま、これ作れと言われたら、しんどいわぁ。


f0371475_13494169.jpg



by gratia-lily2 | 2017-08-12 14:49 | ファッション

刺繍のエプロンスカート

f0371475_07053472.jpg

母が刺していた変形クロスステッチの布を
エプロンスカートに仕立ててみました。


といっても、ウエストに適当にタックを取って
テープを縫い止めただけですけれども、
黒が全体をぴりっと引き締めているのではないかしら。

マリハの黒いワンピースの上から巻く予定。


f0371475_07054312.jpg

ここ数日は本当に暑いですね。

私は母の見舞いで病院に行く日々が続いていますが、
昨日は日曜日ということもあって帰りのタクシーが止まっていない!!!
炎天下、最寄り駅まで15分も歩きました。
帰ってきたらぐったり・・・・・。こっちが病気になりそう。

病院というのはなぜか疲れるみたい。どうしてだろう。
帰ってくると30分ほど横にならないとしんどいのです。
こんなこと他ではないのに・・・・・。


f0371475_07133821.jpg

一息ついたら、頭を使わない、美しい本を眺めます。
いま気に入っているのはこの二冊。

ミャオ族の刺繍は、インドのミラー刺繍と並んで、
私のもっとも好きな手仕事なのですが、
そのミャオの美しい刺繍の数々が掲載されている本が左。


f0371475_07162122.jpg

f0371475_07163233.jpg

それからこちらは世界史の復習にも役立つ本。


f0371475_07164375.jpg

美術史をきちんと勉強したくなってくる。

ま、とくに知らなくても、美しいと思う物は感性で楽しめるとは思いますが、
やはりある程度知識があると、
美しいものの意味や背景が、さらに楽しめるようになるのだと思います。







by gratia-lily2 | 2017-08-07 07:22 | ファッション

濃紺のワンピースと靴

f0371475_09262122.jpg

叔母にお願いしていたタイシルクのワンピースがもう一着できあがりました。

ややボートネック気味、少し長めの半袖、
ウエストはタックで、細い共布のリボンで結ぶ。


ずっと以前にヴィンテージショップで購入していた、
シャネルのシルクサテンのパンプスとぴったり。
サテンリボンを足首でくるくると結びます。


このパンプスは、確か、もう10年ほど前のものでしょうか。
雑誌で見て私とマダム・ペチコートは
ペチ心がときめいて、
確か一緒にショップに行って試着した記憶があります。


「来るべきシャネルのお店で試着する日の装い」まで考えて、
二人で盛り上がって楽しかったなぁ~~♪



f0371475_09263186.jpg


でもなぜか買わなくて。

(たぶん、色やサイズの問題、値段と実用性との釣り合い、
しかもその時何か他に欲しい物があったのだと思います。
というか、いつも私たちは欲しい物だらけでした。
いや、今でもか・・・・・・。)



ところが、なんと、いつもよく行く中崎町のリラ・セイズさんで
ばったりこの靴に出会ったのです。
即買いましたが、しかし残念ながら買ってからあまり出番がなかったのです。


やはりこの子は性格が「濃い」ので、
あわせる相手を選んだからでした。



でもこのワンピースのおかげで、ぴったりの相棒が出来ました。
これから活躍させてあげたいな。




by gratia-lily2 | 2016-12-05 18:24 | ファッション

チュール遊び

f0371475_14413752.jpg

ハンドメイドのチュール飾り。

マダム・ペチコート手染めのピンクチュールをベースに、
少し贅沢してレース各種をバランスを見て止めつけてみました。


ギャザーを寄せたらそれだけで可愛くてうっとり・・・・・。


モヘアのカーディガンともぴったり合うし、
手編みのショールやカゴにつけても可愛いし、
ええ別嬪さんができあがりました。


f0371475_14411258.jpg

まだ完全に成形していないのですが、
シュシュ、ブローチ、ベルト飾りなどが候補かな。


楽しいチュール遊びでした!

f0371475_14415687.jpg


by gratia-lily2 | 2016-11-21 18:40 | ファッション

エプロン完成

f0371475_16365867.jpg

先日来、作成中だったエプロンがようやく完成しました!!


なかなか気に入ってます。
でも、楽しかったけど大変だった・・・・・・。



f0371475_16395682.jpg

ま、実用性はほとんどないので、
完全に遊びの、ドレスエプロンですが、
我ながらなかなか可愛くできましたよ。


f0371475_16371568.jpg

ピンクのチュールがまだスタンバイしています。


「早く私たちも、何かに作って頂戴!!」

「ええ、あと少し待ってね、可愛くしてあげるからねっ」

「うふっ。楽しみ。よろしくねっ♪」




by gratia-lily2 | 2016-11-16 16:36 | ファッション
f0371475_16215092.jpg

「甘い」ものが好きと、さんざん書きましたが、
実はもう一つ、エスニックなもの、特にアジアの古い物の中にも
好きなテイストがあります。


このクッションも手作り。


色といい、龍のモチーフといい、これも私の「好き」をたくさん詰め込みました。

パキスタンの古い手織りのラグとぴったり合っています。


こうした色合いに、
私は心から惹かれ、心から「美しい」と感じます。


f0371475_16221695.jpg

チベットのチャビネットの上には、
それはそれは美しい民族の古布刺繍があしらわれたバスケット、
でもその横にベアが。

こういうところが私らしいと感じます。


このキャビネットの前には、通称?「リボンの滝」(笑)が。

f0371475_16282620.jpg

チュールの上にちびリホンをたくさん止めつけ、
中国のアンティークドレッサーにディスプレイ。

その日の気分に合わせて数と色を選んで
あちこちにつけるのが、最近のお気に入り!!


でも、なんだか写真に撮ると、ごちゃごちゃしていますね。
片付けたくなってきましたよ・・・・・。


f0371475_16323633.jpg



by gratia-lily2 | 2016-11-15 16:21 | ファッション

手縫いのエプロン制作中

f0371475_07343566.jpg

好きを確認する作業として私にとってとても有効なのは、
ハンドメイドをすること。


この夏は思いっきりショールを編みました。

今はチュール素材でエプロンを手縫いで作成中。

f0371475_07474890.jpg


素材の組み合わせをあれこれ考える時間はとても楽しい。
手作りは思いっきり自分の「好き」が盛り込めますね。
だからとても気分がいい。


f0371475_09591009.jpg

イメージはこのFifi Chachnilさん。


この方もファンタジーとロマンで装う、私の大好きなマダムのお一人。




by gratia-lily2 | 2016-11-13 18:58 | ファッション

装いを通して自分の内面を見つめ、愛と美と知が調和したオリジナルな美の世界を創造することをめざして。50代以降の女性の甘くて幸福な装いを楽しみましょう。ランジェリーが大好きです。


by gratia-lily2